夏キャンプで冷たくておいしいアイスコーヒーを飲む2つの方法

アイスコーヒーキャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

これから暑い夏がやってきますね。

暑い夏といえばキャンプ!
キャンプといえば??

………

そうですよね!コーヒーですよね(笑)

キャンプで飲むコーヒーって本当においしいですよね!

ただ夏キャンプだとホットコーヒーよりアイスコーヒーが飲みたくなりませんか?

わたしはなります(笑)

そこで今回は夏キャンプで冷たくておいしいアイスコーヒーを飲む2つの方法をご紹介したいと思います。

それではいきましょう!

スッキリしたアイスコーヒー好きにオススメ『水出しアイスコーヒー』

最初に紹介するアイスコーヒーの作り方は『水出しアイスコーヒー』です。
水出しアイスコーヒーは、温度の低い水で抽出するためコーヒーの成分が抽出されづらくスッキリとした味わいになります。
質の高くない豆でもおいしいアイスコーヒーが楽しみやすい傾向にあります。
後で詳しく紹介しますが、作り方が簡単なのでとても手軽に楽しむことができます。

準備するもの(4人前)

  • コーヒーミル
  • コーヒーポット
  • お茶出しパック
  • コーヒー豆 45g
  • 水 600㎖
  • 氷 適量

コーヒー豆は焙煎が浅いほど苦味が弱く酸味が強く深いほど酸味が弱く苦味が強くでます。
アイスコーヒーは一般的には苦味が少しあった方がおいしいといわれていて深煎りが多いですが、わたし的には酸味もある程度出てスッキリ楽しめる中深煎りがオススメです!

作り方

①コーヒー豆を挽く

ポイント

・中細挽きぐらいがオススメ!

②挽いたコーヒー豆をお茶パックに入れる

③②をコーヒーポットに入れる
この時点では氷を入れなくてOK!水の温度が低いと抽出に時間がかかります。

④③をクーラーボックスに入れて8時間~12時間ほど待つ

⑤時間が経ったらパックを取り出す。

ポイント

・味見して確認しよう!
濃さが足りてなければもう少し待ってみよう。最後にカップに入れる時には氷で少し薄まるので少し濃いめがオススメ!

⑥ちょうどいい濃さになったら氷の入ったコップに注ぐ

これで水出しアイスコーヒーの完成です。
時間はかかるけどコーヒー豆を挽いて水に入れて待つだけなので誰でも簡単においしく作ることができます。

水出しアイスコーヒーは時間がかかるので作るタイミングには注意しましょう!
遅くともアイスコーヒーを飲みたい8時間~12時間前には作りましょう
朝に飲むときは寝る前に準備すれば次の日の朝にはちょうど良く抽出ができています。

苦みのあるアイスコーヒー好きにオススメ『ドリップアイスコーヒー』

お次は一般的にイメージされる味の『ドリップアイスコーヒー』です。
水出しアイスコーヒーとは違って、お湯を使うのでコーヒー豆の味が抽出されやすくコーヒー豆の苦み・酸味・甘味等の全ての味をしっかり感じられます。
その為、おいしいアイスコーヒーを飲むためにはコーヒー豆の品質が特に重要です。

また、ドリップにもコツがいるので水出しコーヒーに比べるとおいしいアイスコーヒーを淹れるには技術が必要になります。

準備するもの(4人前)

  • コーヒーミル
  • コーヒーポット
  • ドリッパー
  • コーヒー豆 60g
  • 水 600㎖
  • 氷 適量

水出しコーヒーと同じで焙煎が浅いほど苦味が弱く酸味が強く、深いほど酸味が弱く苦味が強くでます。
ドリップコーヒーの場合は、水出しと違ってコーヒー豆の成分が強く出るため、温度が低いと強く感じられる酸味は抑えて、苦味が強く出る深煎りの豆の方がおいしく作りやすいです。

作り方

①コーヒー豆を挽く

ポイント

・粗さはいつもより少し細め!中細挽きぐらいがオススメ!

②コーヒーポットに氷を入れる

ポイント

・氷は先にコーヒーポットへ!
すぐに冷却することでコーヒーの雑味を抑えることができます。

③ドリッパーにコーヒー豆を入れる

④ドリッパーに1投目を注ぐ
ここは蒸らしの工程です。ドリッパーから数滴たれるぐらいの量を注いで、30秒ほど待ちましょう。

⑤2投目、3投目、4投目を注ぐ

ポイント

・『の』の字を書くようにゆっくりお湯を注ぐ!
早く注ぐとコーヒーのうまみがうまく抽出できません。焦らずゆっくりそそいでコーヒー豆のうまみをしっかり出し切りましょう!

・次のお湯は泡が落ちきる前に!
泡は雑味の素になります。泡をコーヒーポットに落とさないように注意しましょう!

⑥必要な量が抽出できたらドリッパーを外す

ポイント

・泡が落ちきる前にドリッパーを外そう!
先程も言いましたが泡は雑味の素です。きれいなアイスコーヒーを楽しむために必要な量を抽出できたらすぐに外しましょう!

これでドリップアイスコーヒーの完成です!
完成したら、必要以上に薄まらないように早めにカップに注ぎましょう。
もし、注ぐまでに時間がかかる時は薄まらないように氷を取り除くといいと思います。

まとめ

今回は夏キャンプで冷たくておいしいアイスコーヒーを飲む2つの方法を紹介しました。

ホットコーヒーもいいですが、暑い夏は冷たくておいしいアイスコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ドリップの方は少しコツがいりますが、そんなに難しくないので是非夏キャンプで挑戦してみてください。

それでは冷たいアイスコーヒーで気持ちいい夏キャンプを楽しんでいきましょう!

コメント