ソロキャンプ用テントの失敗しない選び方解説!初心者にオススメのテントも紹介!

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

ソロキャンプに必ず必要になるテント!

キャンプ道具の中でもかなり重要で高い買い物なので失敗したくないですよね?

そんなあなたの為に今回はソロキャンプ用テントの選び方について解説していきます。

この記事を読むと下のようなことがわかります!

・どんな種類のテントがあるのか?
・ソロキャンプ用テントの選び方
・オススメのソロキャンプ用テント

それでは早速解説していきたいと思います。

解説の前に一つだけ注意点!

テント探しは専門用語が結構出てきます!

下の記事では専門用語解説しているので先に読んでおくと知らないで読むより理解しやすいと思います!

ソロキャンプ用テントの種類

まずはテントの種類を解説していきます。

たくさん種類がありますが、ソロキャンプ用のテントはこの5種類から選ぶことになるかと思います。

ドーム型テント

テントと言われて一番最初にイメージするのがこの形ではないでしょうか?

実際にキャンプでも一番使われている形のテントです。

室内にポールを立てないので居室空間を広く取りやすいのと雨や風の耐久性が強いのが特徴です。

一番使われているので他の人とかぶりやすいのがデメリットです。

ワンポール型テント

キャンプでおしゃれなテントとして人気のワンポール型!

フロアをペグで固定してテントの中心にポールを一本立てるだけで非常に組み立てやすいのが特徴です。

テント次第ですが、居室内にポールを立てるタイプだと居室空間が若干使いづらくなるのがデメリットかな。

ワンタッチ型テント

設営がものすごく簡単なテント!

傘のように折りたたまれたポールの4か所を固定して上に引っ張るだけで初心者でも簡単に設営することができます。

設営は簡単ですが、耐久性が低いテントが多いです。

ハンモック

ソロキャンパーが必ずと言っていいほど憧れるハンモック型!

アウトドア感が他のに比べてよりでるのでより非日常感を楽しめます

他と違いポールが必要ないので荷物がコンパクトになるメリットがあります!

ただ、非自立式でちょうどいい距離の木が2本ないと使えなかったり、雨を防げるほどの屋根はありません!

その為、別でタープを揃えたりと気を付けることが多くある上級者向けのテントです。

パップテント

最近人気の軍隊で使用されている仕様の非自立式のテントです。

ヒロシさんなどもYouTubeで使用していますね。

特徴としては耐久性が強くシンプルなアーミーテイストな男心をくすぐるデザインになっています。

一般向けに作られてるわけではないので数が少なく希少性が高いのでキャンプ場で目立てます。

床がない為、寝る時は地面にグラウンドシートやマットを敷いて眠ることになります。

雨の時は水たまりにならないところを選んだりコットが必要だったりと注意が必要です。わたし的には上級者向けなのかなという印象です。

ソロキャンプ用テントの選び方

室内の広さを確認~意外と狭いので注意~

ソロキャンプ用テントなので1人用を選んでおけば大丈夫かというとそうでもないです。

というのも、メーカ表記の1人用はシングルベッドより狭いことも多く実際にテントに入ると非常に狭く感じることが多いので注意が必要です

シングルベッドのサイズが97×195なのでせめてシングルベッドぐらいのサイズはあった方がいいと思います。

狭さを感じないベッドの広さが肩幅の両側に30㎝らしいので自分の肩幅を測ったってサイズを決めるのもありですね。

収納性と軽量性~車移動以外の人はかなり重要~

テントはキャンプ道具の中でも1,2位を争う重量とスペースをとるキャンプ道具です。

どのくらいコンパクトになるのか?重さはどれくらいなのか?を確認しましょう。

車以外で移動する場合は特にできるだけコンパクトかつ軽量なものを選ぶようにしましょう

組み立てやすさ~YouTube等で事前に確認~

ソロキャンプでは1人でテントを設営することになるので最初のうちはあまり設営が難しいものは避けましょう。

最近のテントはどれも比較的組み立てやすいですが、難しいものもあるのでYouTube等で組み立て方などを選ぶ前に確認するといいと思います。

耐水圧~なるべく高く!でも注意も必要~

耐水圧は必ず確認しましょう。

耐水圧が低いものを選ぶと雨が降った時に居室内で雨漏りや浸水をする可能性が高くなります。

耐水圧の基準は、下記のとおりです。

500㎜で小雨は大丈夫
1,000㎜~1,200㎜で普通の雨でも大丈夫
1,500㎜以上で大雨でも大丈夫

ただここで注意してほしいのは耐水圧が高いというのは通気性が悪いということです。

その為、夏はテント内が暑くなったり、室内が結露で濡れてしまいやすいというデメリットがあることは注意しましょう。

耐水圧が高いテントを選ぶ場合は通気性やフライシートがあるかなども注意してみるのが重要です。

ちなみにフライシートがあると雨をより防ぐことができて結露対策にもなります。

通気性~結露や暑さ対策~

耐水圧のところで説明した耐水圧が高いものを選ぶと通気性が悪くなり結露やテント内の暑さ問題が発生します。

これはベンチレーションがついていることでテント内の換気ができ結露やテント内の暑さ問題を解決することができます。

ただ、インナーテントにだけあってもフライシートにない場合はベンチレーションの効果が低くなるので注意が必要です。

また、出入口が両側にあってメッシュドアにできると格段に通気性を上げることができます。

また、耐水圧は低くなりますが、インナーテントの壁全体がメッシュになっていて非常に通気性が良いテントもあります。

このテントを選ぶ場合、フライシートのみで雨を防ぐことになるのでフライシートの耐水圧に注意しましょう。

ソロキャンプ用テントを選ぶときによくある疑問

前室はあった方がいいの?

わたしはある方がいいと思っています。
ソロキャンプ時の前室付きテントのメリットデメリットをまとめてみました。

ソロキャンプ時の前室付きテントのメリット・デメリット

メリット
・タープがなくても日差しや雨が防げる。
・タープがない分、荷物が少なくなる。
・タープを買わなくていいからそろえるもの全体のお金がかからない。

デメリット
・選べるテントが若干少なくなる。
・前室なしテントより値段が高い。
・前室用にポールを買う必要がある。※キャンプ場の木の棒で代用可

前室がない場合はメリットデメリットがこのまま逆になり、選べる種類は多くて安く購入できます!

ただ、別でタープを購入する必要がでてくるので全体の金額は上がって荷物が増えることになります。

ソロキャンプにおいて荷物を減らすことは非常に重要ポイントですし、
特に最初の頃はいろいろ揃えるのはお財布的にも大変だと思うのでタープの役目もはたせる前室付きテントをオススメします

タープはソロキャンプにはまってきてほしくなったらその時に考えるのがいいと思います。

初心者にオススメのソロキャンプ用テント4選

結局どのテントがオススメなの?という声にお応えしてオススメのテントをご紹介します。
ハンモック型とパップテントは上級者向けなので今回は紹介するのは控えます。

ドーム型のオススメソロキャンプ用テント

コールマンツーリングドームST

スペック
インナーサイズ:210×120×100(h)㎝
収納時サイズ:Φ23×54㎝
重量:約4.4㎏
耐水圧:1,500㎜(フロア1,500㎜)
付属品:フライシート、ポール、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

人気アウトドアメーカーColemanの大定番ソロキャンプ用テントのツーリングドームST!

ソロキャンプには充分すぎるスペースがあり荷物を置いてもゆったり使えます。

耐水圧が1,500㎜でダブルウォールテントなので雨の日も安心な構造!

別売りでポールを買えば前室も作れます!

このテントはメッシュパネルとフロントドアパネルの両方がついていてオールシーズン使える仕様になっています

出入口が両側にあるので夏の暑さ問題も心配なし。また、上部にはベンチレーションがあるので冬に締め切りでも換気が可能です。

弱点としてはツーリングドームという割には4.4㎏と若干重量があることですね。ポールをアルミに変えるなどしてみましょう。
ヒロシさんも愛用しておりYouTubeでも紹介されています。

ヒロシキャンプ【コールマン ツーリングドームST 紹介】

FIELDOOR フィールドキャンプドーム100

スペック
インナーサイズ :(約)200cm×100cm×100(h)cm
収納時サイズ : (約)Φ18cm×44(h)cm
重量 :(約)2.2kg
耐水圧:2,000㎜
付属品:フライシート、ポール、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

コスパ最高ギアがたくさんあるFIELDOORの高コスパソロキャンプ用テント!

寝る時に狭さを感じない充分なスペースがあり、ダブルウォールテントで耐水圧も1,500㎜なので雨の日でも安心な構造!

このテントは生地が特殊なコーティングがされていて熱を遮断してUV遮断率97%以上なところです

熱の遮断はコーティングしていないテントと比べて最大4.1度違うのでテント内が暑くなりがちな夏も快適に過ごしやすいです。

さらにこのテントもメッシュパネルとフロントドアパネルの両方がついていて通気がしやすくなってます

重量も2.2㎏で軽いので持ち運びもしやすいですね。別売りのポールを購入すれば前室も作れます。
出入口は片側しかないのでツーリングドームに比べると通気性は劣ります。

ワンポール型のオススメソロキャンプ用テント

FIELDOOR フォークテント280

スペック
インナーサイズ : (約)260cm×130cm×160(h)cm
収納時サイズ : (約)16cm×16cm×70(h)cm
重量:4.5㎏
耐水圧:1,500㎜
付属品:フライシート、ポール、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

ドーム型テントに引き続きFIELDOORの今度はワンポールテントです。

ただ実はワンポールテントというくくりになると思うのですが、これはポールを2本使っています!

これによりワンポールの弱点であった真ん中のポール邪魔問題が改善されていてスペースを有効活用できるようなっています。

このテントも特殊なコーティングで熱とUVを遮断することができます。

また、インナーテントを外してシェルターとしても使えるし、テント内にポケットが多くついていたりと便利な機能が多いにもかかわらず1万円を切るコスパ最高のソロキャンプ用テントです。

弱点は設営時の手順が若干多いかなと思います。

ワンタッチ型のオススメソロキャンプ用テント

DOD ライダーズワンタッチテント

スペック
インナーサイズ:(約)225×145×110(h)cm
収納サイズ:(約)62×20×20(h)㎝
耐水圧:3,000㎜(フロア:5,000㎜)
重量:(約)4.3㎏
付属品:ペグ、ロープ、グランドシート、フライシート、キャリーバッグ

おしゃれキャンプギアが多くあるDODのソロキャンプ用テント!

黒のシックなテントに赤のポールがおしゃれですね。

ワンタッチ型なので設営も簡単!さらにダブルウォールテントかつフライシートの耐水圧が3,000㎜、フロアが5,000㎜とこれで雨漏りしたらしょうがないというレベルの高い耐水圧で雨でも安心!

前室付きなので雨の日でも安心してキャンプを楽しめます。インナーテントには大きな窓がついていて通気性もしっかり確保されています。

レビューにも多くありますが、収納が大変なのと収納時のサイズが大きいことが弱点ですね。

まとめ

今回はソロキャンプ用のテントの選び方を解説してオススメのソロキャンプ用テントを紹介いたしました。

ソロキャンプ用テントを選ぶのがわたし的にはソロキャンプデビューの最初の壁だと思っています。
この記事を読んでソロキャンプ用テントの選び方を知ったあなたなら自分にあったテントを選べるはずです。
この壁を乗り越えてソロキャンプでデビューしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではどこかのキャンプ場でお会いしましょう。
※ウクレレを持っているソロキャンパー高確率でわたしです(笑)

コメント