スタイル別オススメのソロキャンプ用テーブル7選!選び方も解説!

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

今回はソロキャンプには必須のテーブルについて解説していきます。

この記事では

「種類がたくさんあって何を選んだらわからない。。」

「どんな基準で選べばいいの?」

等、ソロキャンプ用テーブルについての疑問にお答えしています。

最初にソロキャンプ用テーブルの選び方を解説した後にスタイル別のオススメソロキャンプ用テーブルを紹介していきます。

ソロキャンプに必要なものに何があるか知りたい場合は下の記事を参考にしてみてください。

それでは行きましょう!

ソロキャンプ用テーブルの選び方

探す前に考えた方が良いこと

いきなり探し始める前に自分のキャンプスタイルをイメージして自分の必要なテーブルをなんとなく考えておきましょう。

キャンプにはどうやって行くのか?車?徒歩?
キャンプサイトではハイスタイル?ロースタイル?お座敷?
キャンプで料理はする?
どんな雰囲気のキャンプにしたい?

この辺りをイメージしておくとテーブルを選びやすいと思います!

ソロキャンプ用テーブルを選ぶポイント

持ち運びやすさ

車で行くキャンプならそこまで重視する必要ありませんが、バイクや徒歩で行く場合はなるべくコンパクトかつ軽量なテーブルを選ぶのがオススメです!

収納方法にはロールタイプと折り畳みタイプがあります。

ロールタイプは、天板を丸めて収納するタイプで非常にコンパクトになるのが特徴です。
天板を丸めるので天板を掃除するのが若干手間だったり、天板に隙間があるので物を乗せる時に少し不安定になるデメリットもあります。

折り畳みタイプは、天板や脚を折りたたんで収納するタイプです。
折りたたむだけなのでロールタイプに比べると収納時の面積が大きくなります。
ただ、折りたたみより収納時の厚さが薄いのでパッキングする道具によっては折りたたみタイプの方が収納しやすい場合もあります。
それとロールタイプと違い天板に隙間がないので安定感があります。

軽量であればパッキングできればどちらでもいいと思いますが、どっちにしようか悩んだらパッキングしやすい方を選ぶのがオススメです!

高さ

自分がどんなスタイルのキャンプをするかで選びましょう。

テーブルの高さは大きく分けてハイテーブルローテーブルの2種類あります。

ハイテーブルは、ハイスタイルのキャンプの人にオススメです。

ローテーブルは、ロースタイルやお座敷スタイルの人にオススメです。

ロースタイルでも料理をするなら、料理をするなら少し高さのあるテーブルを選ぶのがオススメです。
料理をするときに高さがないと腰をかなりかがめながらになるので大変になります。

2種類の中でも高さは違うので自分のチェアーやスタイルに合った高さを選びましょう。

天板の広さ

ソロキャンプ用のテーブルは、収納性を高める為に天板が広くないテーブルが多いです。

スマホ、おつまみ、お酒ぐらいをのせる分にはそこまで気にならないですが、料理をしたりテーブルの上で何かしようとした時に広さが欲しいと感じることがあります。

キャンプで何をして何を置きそうかイメージして必要なサイズのテーブルを選びましょう。

ちなみにわたしはこのテーブルを使っているのですが、料理をするときはもう少し大きければと感じることもあります。
それでもできなくないしソロキャンプであんまり大きいテーブルを使っても持っていけないので料理するならこのサイズがミニマムかなと思っています。

デザイン

最後はデザインです!

ここまでいろいろ解説してきましたが、正直デザインさえよければあとは我慢できるんじゃないかとも思ってます(笑)

自分のイメージするキャンプや持っているキャンプ道具とのバランスなどを考えながらお気に入りのデザインのテーブルを選びましょう。

ここまでソロキャンプ用テーブルの選び方を解説してきましたが、最後にオススメのソロキャンプ用テーブルを紹介したいと思います。

オススメのソロキャンプ用テーブル7選(スタイル別)

ハイスタイルにオススメ

OGAWA 高さ調整可能テーブル

使用時サイズ:810×700×355/500/600mm
収納時サイズ:700×410×105mm
重量:約4㎏
耐荷重:20kg

ハイスタイルにオススメのソロキャンプ用テーブル1つ目は
『OGAWA 高さ調整可能テーブル』!

このテーブルは高さを三段階で調整できるのでハイスタイルだけでなくロースタイルでも利用できます。

天板は木目調でおしゃれなデザインなのにアルミ素材でメンテンナンスもしやすく使いやすさとおしゃれ感を共存させたテーブルです。

ソロキャンプにしてはサイズが大きかったり重量もあるので車でキャンプに行く人限定ですね。

車でキャンプに行く人でどんなスタイルでキャンプをやるか悩んでいたり、グループキャンプでも使いたいと考えてる人にオススメです!

Coleman ナチュラルウッドロールテーブル

使用時サイズ:650×700×400/700mm
収納時サイズ:120×180×700mm
重量:約3.2㎏
耐荷重:30kg

2つ目は『Coleman ナチュラルウッドロールテーブル』!

グループキャンプでも人気のコールマンのウッドロールテーブルの小さいサイズです。

明るい色の木製の天板が自然に合うしどんなキャンプ道具とも相性がいいのでキャンプサイトがおしゃれになります。

高さが2段階で調整できるのでハイスタイルだけでなくロースタイルでも使えて様々なシチュエーションで使うことができます。

1つ目同様でサイズが大きく重量もあるので車キャンプの人限定にはなると思います。

ロースタイルにオススメ

ヘリノックス タクティカルテーブル

使用時サイズ:400×400×300mm
収納時サイズ:420×100×120mm
重量:約680g
耐荷重:50kg

ロースタイルにオススメのソロキャンプ用テーブル1つ目は
『ヘリノックス タクティカルテーブル』!

チェアーで大人気のヘリノックスのテーブルです。

チェアーと同じようにとても軽量なので徒歩キャンプでも大活躍間違いなしです!

これだけ軽量なのに天板サイズが400×400mmと広く、テーブルの下には小物をいれられるバスケットもついているのでにテーブルの上を余裕をもって使うことができます!

このテーブルの注意点としては、天板が金属ではなく繊維なので火に弱いことと金属に比べてテーブルの若干不安定なことです!

特に火の粉には十分注意しましょう!
火の粉が当たるとすぐ穴が開くのでテーブルの上では絶対に火を使わず、近くで火を使う時も火の粉が飛ばないように注意しましょう!

当然ですがヘリノックスのチェアワンとも相性抜群です!
揃えるとキャンプサイトがおしゃれになること間違いなしですね!

FIELDOOR ウッドロールテーブル

使用時サイズ:500×400×400mm
収納時サイズ:520×180×110mm
重量:約4㎏
耐荷重:30kg

2つ目は『FIELDOOR ウッドロールテーブル』!

木製のテーブルでキャンプサイトをおしゃれにしてくれること間違いなしです!
自宅でもソファーなどの横にサイドテーブルとしておいてもマッチすると思います。

高さが400㎜と他のソロキャンプ向けテーブルよりもちょっとだけ高さがあるので、かがんだりする必要がなく快適に使うことができます!

ただ、重量が4㎏もあるので徒歩やバイクで行くキャンプには難しく車キャンプ限定ですね。

Moon Lence アルミロールテーブル

使用時サイズ:400×350×300mm
収納時サイズ:55×70×400mm
重量:約935g
耐荷重:30kg

3つ目はわたしも使っている『Monn Lence アルミロールテーブル』!

このテーブルは2年前に購入して以来、現役で利用し続けています。

このテーブルの最大のメリットはコスパの良さです!

天板のサイズもしっかりあって、コンパクトかつ軽量にも関わらず2,300円前後で購入することができます!

耐荷重も30㎏あるので鍋などの重い物をおいても安心して利用できて非常にコスパが良いと感じています!

高さも30㎝あるのでテーブルで作業する時もそこまでかがむことなくリラックスしてキャンプができます。

若干天板がつけづらかったり収納袋へいれづらいデメリットはありますが、かなり満足して使っています。

金額が安いので何を選んだらいいかわからない場合はこのテーブルをオススメします!

お座敷スタイルにオススメ

キャンプテンスタッグ アルミロールテーブル

使用時サイズ:400×290×120mm
収納時サイズ:60×400×70mm
重量:約700g
耐荷重:30kg

お座敷スタイルにオススメのテーブル1つ目は『キャプテンスタッグ アルミロールテーブル』!

このテーブルは今回紹介するテーブルの中で最安値の1,500円程で購入ができるコスパ最強テーブルです!

安いだけじゃなく天板サイズが400×290と比較的大きいので料理しても余裕をもって作業することができます。

天板のサイズが大きいと気になるのが収納問題ですが、ロールタイプなのでとてもコンパクトに収納できます。

また、脚が天板と一体化しているので収納も組み立ても簡単にできます!

SOTO ポップアップソロテーブル(A4)

使用時サイズ:297×210×78mm
収納時サイズ:297×110×19mm
重量:約395g
耐荷重:3kg

2つ目は『SOTO ポップアップソロテーブル』!

このテーブルはとにかく軽くてコンパクトです!
おそらく全テーブルの中でもトップクラスの軽さです!

また、設営も収納もテーブルを半分に閉じたり開いたりするだけなので設営や収納に手間がほぼかからず時間を有効に使うことができます!

天板のサイズが想像以上に小さいという口コミがいくつか見られたので天板のサイズはよく検討することをオススメします。耐荷重が低いことも注意です。
ちなみにこのテーブルはワンサイズ大きいA3サイズもあります。

まとめ

今回はソロキャンプ用テーブルの選び方とスタイル別のソロキャンプ用テーブルをご紹介しました。

テーブルは使いづらいと結構ストレスに感じることがあるのでこの記事を参考に自分にあったテーブルを探してみましょう。

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょう!

コメント