初心者必見!【ソロキャンプ完全ガイド~必要なもの編~】これであなたもソロキャンパー

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです!

今回は初心者がソロキャンプに必要なものを紹介したいと思います。

この記事を読めばすぐにソロキャンプデビューできますよ!

最低限必要な持ち物

まずは最低限これはあった方がいい持ち物を紹介していきます!

大きいバッグ

車なら必要ないですが、バイクや電車で行くのであれば必ず用意しましょう。

たくさんの道具をいれることになるので手持ちタイプではなく背負うタイプを選びましょう。

キャンプは持っていく物が多いのでなるべくポケットが多いバッグを選ぶと整理がしやすいのでオススメです!

テント

宿泊するならテントは必須です!ソロキャンプには1~2人用のテントを選びましょう。

テントに前室があるものが便利です。全室があると別でタープをそろえなくても日よけや雨よけに使えて便利です。

ワンタッチ式やワンポールテントなどいろんな種類のテントがあります。

一番目立つキャンプ道具なので下の記事を参考にお気に入りのテントを選びましょう!

グラウンドシート

グラウンドシートはテントの下に敷くシートです!

これをひくことでテントの床に石や木などで穴が開くことを防げたりテントの床からの浸水を防ぐことができます!

選ぶときは必ずテントの床面より若干小さいものを選びましょう!

床面より大きいものを選ぶとシートの上に水が乗ってテントが浸水しやすくなります!

テーブル

テーブルがないと何をするにも不便なので用意しておきましょう!

ソロキャンプ用のテーブルはなるべく小さくなる方が良いですが、あんまり小さいと使いづらくなります。

収納性と天板のサイズのバランスが自分のスタイルに合ったテーブルを選びましょう!

下の記事でソロキャンプ用テーブルの選び方やオススメのテーブルを紹介しているので参考にしてみてください!

チェア

これもテーブル同様地面に座ってもいいのですが、雨が降ったりすると座れなくなるのであった方がいいです。

ローチェアタイプや背もたれがないタイプ等いろいろあるので自分が快適に座れるものを選びましょう。

おそらくソロキャンパーの中で一番人気はヘリノックスのチェアですが、実は似たようなデザインでもっと安い値段のチェアがあるのでわたしはそっちをオススメします!

わたしも偽物の方を2年ぐらい使ってますが全く問題なく使えています。

寝袋

夏にいくなら暑いしいらないかと思っても必ず用意しましょう。

できれば最初はちゃんと準備が必要な冬のソロキャンプは避けた方がいいと思うので冬以外で使える3シーズン用の寝袋がオススメです!

オールシーズン用になると金額も高くなるので最初は3シーズン用の寝袋から使ってソロキャンプにしっかりはまって冬もソロキャンプに行きたくなったらオールシーズン用の寝袋を考えればいいと思います。

3シーズン用の寝袋を選ぶ場合は快適使用温度が-5度~5度を基準に自分の使う季節や場所の最低気温を確認して選びましょう!

寝袋の表示快適使用温度はわたし的には5度ぐらい低く設定されてる気がするので表示快適使用温度から+5度しても大丈夫な寝袋を選びましょう!

ランタン

暗くなってから必須のランタン!最初に買うのにオススメはLEDランタンです!

他の燃料のランタンに比べて圧倒的に簡単に使うことができます。
ちょっとトイレに行くときなどはヘッドライトもあると便利ですが、最初は携帯のライトやランタンで代用できるので用意はしなくていいです。

詳しい選び方とオススメのLEDランタンは下の記事を参考にしてみてください!

あると便利なもの

ここからは必須ではないけどあると便利でソロキャンプをさらに楽しむことができるものを紹介していきます。

焚火台

最低限のほうに入れるか悩みましたがこっちにいれました(泣)

真っ暗な夜に焚火をしながら飲むお酒やコーヒーは最高なのでぜひ持っていってください!

焚火台は焚火もBBQもやりやすい兼用のものを選ぶのがオススメです!

あんまりコンパクトなものを購入すると薪を使う時に小さく切る必要が出てくるので最低でも1辺が30㎝以上の焚火台を選ぶと薪をそのままでも使えます。

マット

テントの下がフラットなら寝袋だけでも寝れなくないですが、マットがあると寝やすさが圧倒的に違うのでできれば持っていくことをオススメします。

ちなみにホームセンターなどで売っている厚さ8㎜~15㎜ぐらいの銀マットでも寝ごこちが全然違います。

まずは銀マットを試して寝づらければエアマットを試すという流れでもいいと思います。

買った銀マットは寒い季節にエアマットの下にひいて防寒ができたり他にも使い道はたくさんあるので買っておいて損はないです。

クーラーボックス※夏は必須!

夏などの暑い時期は必須です!

種類がいくつかあるのですが、ソロキャンプの時は持ち運びしやすいソフトクーラーがオススメです!

飲み物を凍らせて入れるなどすれば保冷材にもなるし溶けたら飲めるので入れるものを少なくできます。

保冷剤を使う場合は遅くとも出発2日前には冷凍室にいれて当日は忘れないように気を付けましょう。

現地のスーパーで発泡スチロールを購入して代用することもできます。

ただ、持ち運びずらいですしクーラーボックスと比べて保冷力も低いので注意してください。

マグカップ

紙コップでもいいですが、できればマグカップを用意すると一気にソロキャンパー感が出てテンションが上がります!

中には直火にかけられてお湯を沸かすのにも使えたりするマグカップもあります。

グループキャンプでも自宅でも使えるので最初のうちにそろえてもいいと思います。

クッカー

クッカーはフライパンなどの調理する道具の総称です。
ソロキャンプでバーベキュー以外に調理したりお湯を沸かしたりするのであれば必須です。

車で移動する方は荷物が増えても大丈夫なので自宅からフライパンなどの調理道具やお箸を持っていくと出費がおさえられます!

キャンプ用のクッカーはフライパンや鍋などをすべて重ねてコンパクトにできたり重量も自宅で使う器具と比べて軽いので車以外で移動する人はキャンプ用のクッカーを買ったほうがいいです。

ガスバーナー

調理用のガスコンロです。

キャンプ場で調理しなくてもお湯を沸かすって場合はそろえておきましょう。

焚火台を持っていく場合は焚火で調理もできますが、ちょっとお湯を沸かしたいときとかに火を起こすのは大変で調理もしづらいので、持っていくことをオススメします。

なるべく専用のガス缶でなくても使えるCB缶対応のものを選びましょう。

自宅にガスコンロがあればそれでもOK!
ただ、かさばるので車以外の人はコンパクトになるガスバーナーを購入するのがオススメ!

必要なものを選ぶ時の注意点

なるべく小さく軽く!

車移動ならそこまで考えなくてもいいですが、バイクや電車で行くのであればどの道具もなるべく小さく軽いものを選びましょう!

持ち運びもしやすいですし自宅で保管するのにも場所をとりません。

100均や自宅にあるものを使おう!

いきなりいろいろ揃えるのは大変だと思うし、実際にどんなキャンプ道具を選べばいいかわからないと思うので最初は100均や自宅にあるものを使うのがオススメです。

100均ではお皿や調味料等の小物からフライパンや鍋等たいていのものはそろえられます。

まずはいきなりネットで購入せずに100均をチェックしてからネットで探すのも賢い作戦だと思います。

また、自宅にあって持っていけそうなものは持っていくことで出費を抑えることができます!

なるべく最初はお金をかけずにソロキャンプをしていって、ソロキャンプをやっていく中で感じた必要なものをそろえていくのが最初の頃はオススメです!

レンタルするというのもあり

まだソロキャンプを続けるのかわからなかったりどんなものを選べばいいかわからない方は買わずにレンタルするのもオススメです!

キャンプ道具はキャンプ場やネット『』でもレンタルできます。

まずはレンタルで試してから買うのかどうか、買うならどれを買うのかを決めると失敗しづらくなります。

特にかさばりやすいテントなどの大きく高額になりがちなものはレンタルから始めるのがオススメです!

まとめ

今回はソロキャンプに必要なものを解説していきました。

たくさん用意しないといけなかったりすごいお金がかかりそうなイメージだったかもしれないですが、
意外と代用できたり安くそろえることができるものが多くてこれならできそう!と思いませんでした?

いきなり一人で宿泊はハードルが高ければテーブルとチェアーだけ持ってデイキャンプ等の始めやすいことからやってみるのもオススメです!

やっぱり実際にソロキャンプに行ってみないと楽しさもそうですし、必要なものもわからないですからね。

この記事を参考に自分なりのソロキャンプライフを過ごしてください。

記事書いてたらソロキャンプ行きたくなってきたー
それではまたー

コメント