梅雨のキャンプを快適に過ごす方法!雨対策と雨キャンプのメリット紹介!

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

これから梅雨の時期になりますね。
雨が降ったらキャンプは中止だなーと思っていませんか?

ちょっと待って!

雨でもしっかり対策をすれば楽しめますよ!
それに雨でしか味わえない楽しさもあるので中止にするのはこれを読んでからにしてください!

まずは雨対策から紹介していきます。

雨キャンプの対策

出発前の対策

砂利サイトを予約しよう

雨が降る可能性がある時はなるべく水はけの良い砂利サイトを選びましょう。砂利サイトを選ぶことで水がサイト内にたまりづらく過ごしやすくなります。
もし砂利サイトがなければ林間サイトを選ぶと頭上の葉っぱが雨をさえぎってくれて雨が落ちてくる量がかなり変わります。

テントやタープ等のレンタルを考えてみよう

テントなどをレンタルすることにより帰宅後に大変なテントを乾かしたりするメンテナンスがいらないので帰宅後がかなり楽になります。
それに気になっているキャンプ道具を試す良いチャンスにするのもありですね。
レンタルは現地のキャンプ場でもいいし、ネットでレンタルもできるので金額や使いたいものがあるかなどを比較して選ぶといいですよ。

コテージやバンガローのあるキャンプ場を予約しよう

万が一、豪雨や強風などでテントなどが壊れたりして屋外でキャンプが困難になった場合に備えてコテージやバンガローのあるキャンプ場を予約しておくと安心です。
事前にコテージなどに空きがあるのかこういった場合に貸してもらうことはできるのかを確認しておくといいと思います。

雨対策グッズを用意しよう

  • カッパ
    設営や撤収時等に濡れずにすみます。
  • 長靴(なければ雨に強い靴や防水スプレー)
    靴の中が濡れるとホント不快ですよね。それを防ぐためにもできれば長靴、なければ雨に強い靴や防水スプレーなどで対策しましょう。

  • キャンプ場内を動いたりするときにもキャンプ場までの移動でも必要なので忘れないようにしましょう。
  • 多めのタオル
    雨の強さにもよりますがキャンプ中や特に撤収の時に思ったより使いますので多めに持っていくと便利です。
  • 多めのレジャーシート
    車のトランクの中やテントの下、サイトの中などに敷く用にあると汚れづらくなります。
  • 余分な着替え
    濡れたりして風邪を引かないように着替えを1着ほど多く持っていきましょう。
  • 大きめのビニール袋
    特にテントやタープなどの濡れたものを入れるように何枚か持っていきましょう。

耐火タープを用意すると尚良し

キャンプにいったら雨でも焚火はやりたいですよね。
雨が降っている場合の焚火はタープの下でやることになります。
耐火タープがあれば火の粉を気にすることなく焚火を楽しむことができます。
耐火タープがなくても焚火の火からタープまでの距離に気を付けながら楽しむことはできますが、火の粉がタープに当たると溶けてしまうので注意してください!

設営時の対策

水がたまらない場所を選ぶ

テントを張る場所を選べる場合は地面が窪んでいるところなどの水がたまる場所は避けましょう。また、上に木等があり屋根になりそうなところを選ぶと雨を少し防いでくれて少し快適になります。

タープから設営する

設営時は必ずタープ→テント→その他道具の順番で設営しましょう。
先にタープを立てることで雨の当たらないスペースができて濡れないでテントや他のものを設営することができます。

タープの雨対策をしっかりしよう

タープに水がたまるとタープが倒れたりする危険があるので水がたまりづらいようにロープなどを使って1,2か所下げて水の逃げ道を作りましょう。
さらにタープをピンッとしっかり張って水を溜まりづらくするのもポイントです。

テントも雨対策をしよう

・テントの下には必ずグラウンドシートやブルーシートを敷くようにしましょう。敷かないとテントの下から浸水してきます。
敷くシートは必ずテントより若干小さいものを選びましょう。
テントより大きいとシートとテントの間に水が溜まってシートを敷く意味がなくなってしまいます。

テント入り口にタープで屋根を作りましょう。テントとタープを行き来する時に濡れなくて済みます。こんな感じです。

ペグが外れないように注意

雨が降っていると地面が深るんだリしてペグが抜けやすくなります。
上に石を置いたりペグをクロス打ちするなどして抜けないように気を付けましょう。
ペグのクロス打ちの詳しいやり方は下のリンクを参考にしてください。

キャンプ中の対策

タープやテントに水が溜まっていないか確認しよう

しっかり対策しても水が溜まってくることがあるので溜まっていたら棒などで下からおして水を逃がしましょう。
放置すると倒壊する可能性があります。特に寝る前にはテントとタープをしっかり確認しましょう。

撤収時・帰宅後対策

タープは最後に撤収しよう

その他道具→テント→タープの順番で撤去しましょう。
こうすることで撤去時に濡れるのを最小限にできます。
濡れているテントやタープは濡れたままビニール袋に入れて持ち帰りましょう。

帰宅後はなるべく早く乾燥させよう

濡れたテントやタープなどは放置しているとすぐにかびたりさびたりするのでベランダに干したりタオルで拭くなどしてすぐ乾かしましょう
もし帰宅後も雨が続いていたりして乾かすことが難しい場合はテントを送るだけで乾かしてクリーニングしてくれるサービスがあるので検討してみましょう。

雨キャンプのメリット

キャンプ場がすいている

雨だと中止にする人も多いからキャンプ場がすいているし雨音で周りの音が聞こえづらくなるので静かに過ごしやすいです。
静かなキャンプ場で雨音を聴きながら飲むコーヒーは最高ですよ!

仲間とさらに仲良くなれる!

晴れているとサイトの外に出たりしてバラバラになることも多いですが、雨だとみんなサイトにいてのんびりしているので
おしゃべりやゲームを一緒にやるなどしてさらに仲良くなりましょう

スキルアップになる!

雨だと設営や撤収をいつもより早くしっかりやる必要があったり準備をしっかりやったりと普段より気にすることが多いので雨キャンプやった後は確実に経験値が上がります

終わった後の温泉が最高!

キャンプ終わった後はやっぱり温泉に行きますよね?
え?普段はいかない?だとしたら行きましょう(笑)
雨で冷えた体が温泉で生き返った気持ちになれてホントに最高です!

まとめ

ここまで読んでみて雨キャンプができる気がしてきましたか?

確かに雨キャンプは晴れの日と比べると準備も片付けも大変ですが、
いつもとは違う楽しみ方があるのでこの記事を読んでできそうと思ったら挑戦してみてください。

このほかにもキャンプに役立つ情報を発信していきますのでよろしくお願いします。

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょー

コメント