WPI?WPC?WPH?プロテインの種類と特徴について徹底解説!

その他

こんにちわ、ないちぇんです!

プロテインってWPI、WPC、WPH、ソイプロテインとかいろいろあってどれを選んだらわからないですよね?

今回はそんなあなたの為にプロテインの種類と特徴について解説していきたいと思います!

プロテインの種類と特徴

プロテインには大きく分けて3種類あります。
ここではそれぞれの特徴について解説していきます。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、牛乳から作られる動物性たんぱく質の1種です。
よくヨーグルトの上澄みに透明な液体が浮いていますよね?あれがホエイです。それを凝縮して粉状にしたものがホエイプロテインです。

他のプロテインと比べて吸収が早くたんぱく質が多く含まれていてBCAA等の必須アミノ酸なども含まれているのでるので筋肉を増やしたい方などにオススメです!

ホエイプロテインには大きく分けて3種類あるので解説したいと思います。

WPC

まずWPCですが、WPIと比べて安価なこともあり一番人気なのがこのWPCホエイプロテインです。
たんぱく質含有量が約80%以下のものがWPCと呼ばれています。
乳糖等を含んでいるので牛乳などの乳製品でおなかをよく壊す乳糖不耐症の場合は他のプロテインを選ぶのがオススメです。

WPI

WPCは、WPCに含まれている乳糖などを取り除いてたんぱく質の含有量を90%以上に高めたものがWPCプロテインです。

当然WPCから乳糖を取り除く工程が増えるのでWPCに比べて高価にはなる。ただその分WPCよりも体内への吸収速度が速いので起床後やトレーニング後等早くたんぱく質を吸収させる必要がある場合に有効です。
また、脂質などの不純物が少なかったり必須アミノ酸も高い傾向にあるのでダイエット中にもオススメです!

WPH

WPHは、WPIを胃腸で消化するときに分解されている状態にまで細かくしたホエイプロテインです。
細かく分解されているため、吸収効率が良く胃腸の負担が少なく吸収できます。
また、たんぱく質含有量も95%前後と多く吸収速度も速いのが特徴です。

ただその分値段は高額になります。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインもホエイプロテイン同様に牛乳から作られる動物性たんぱく質の1種です。
ホエイプロテインより安価なことが多いです。

ホエイプロテインに比べて吸収速度がゆっくりで満腹感が持続するのでダイエットや就寝前に飲むのがオススメといわれています。
ソイプロテインも同じ特徴があるのですがソイプロテインと比較して吸収効率が高いです。

また、体内への吸収の過程で「カゼインホスペプチド」に変化し、これがカルシウムの吸収を助けてくれる役割があります。

ただ、体内への吸収速度が遅かったりたんぱく質含有量がホエイプロテインより少ないので筋肉増強にはオススメできません。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆を原料とした植物性たんぱく質の1種です。
大豆の油分などを除いて残ったたんぱく質を粉末状にしています。

食物繊維が多いので体内への吸収速度がゆっくりで満腹感が持続するのでダイエット中や就寝前に飲むのがオススメといわれています。
逆に筋トレ後等の吸収を早く行いたい時等にはオススメできません。
利用効率やたんぱく質含有量もホエイプロテインに比べると低いです。

イソフラボンによりバストアップ髪のツヤが出るなど効果があったり、不飽和脂肪酸が含まれているので、コレステロール低下などが期待できるかもしれないといわれています。

目的別オススメプロテイン

それぞれ特徴があるのはわかったけど結局何を飲めばいいの?
というお声にお応えして目的別オススメプロテインを紹介します。

筋肉をつけたい人にオススメ

筋肉をつけたい人はホエイプロテイン一択です!
たんぱく質含有量も高く吸収速度も速いので筋トレ後や起床後には積極的に飲んでいきましょう!
WPC等種類がありますが、乳製品でおなかを壊しがちな方やストイックな食事制限もするならWPIそれ以外ならWPCから始めるのがオススメです!
オススメプロテインは『リミテスト』です!
下の記事も参考にしてみてください。

オススメWPCプロテイン

オススメWPIプロテイン

ダイエットをしたい人にオススメ

ダイエットしたい人にオススメなのはソイプロテインです!

理由は上で説明しましたが吸収がゆっくりで満腹が持続するからでしたね。もちろんカゼインプロテインでも構わないのですが、金額がソイプロテインの方が安いですよ。
ダイエットは継続が非常に大事なのでお財布にも優しい方がいいですよね。

オススメソイプロテイン

まとめ

ここではプロテインの種類と特徴、目的別オススメプロテインを紹介しました。

たくさん種類があって選ぶのが難しいですが、まずはどれか一つを飲んでみて自分の体の状態やプロテインの味を確かめながら自分に合ったものを選んでいきましょう。

それではまた~

コメント