1ランク上のおしゃれサイトへ!アウトドア用ソファのオススメ10選~参考レイアウト付~

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

「みなさんはアウトドアでは何に座っていますか?」

わたしもそうですが、多くの方は一人掛けの一般的なチェアに座っている方が多いと思います。

ただいつも思っていました。

ソファがあるおしゃれなテントサイトにしたい!

ソファが置いてあるサイトってホントにおしゃれに見えるんですよね~

そこでわたしもおしゃれキャンプを目指してアウトドア用ソファを購入したので調べながら感じたことを共有したいと思います!

この記事を読むと下のようなことがわかります。

・アウトドア用ソファを選ぶポイント
・オススメのアウトドア用ソファ
・アウトドア用ソファのおしゃれな参考レイアウト

それでは行きましょう!

アウトドア用ソファを選ぶポイント

サイズ感~2人なら100㎝以上~

アウトドア用ソファは2人用であっても比較的コンパクトなものが多いです。

わたしの調べた感じだと100㎝ぐらいが平均な横幅です。

ちなみに男性の肩幅は平均39.7㎝女性は平均36.8㎝なので最低でも80㎝あれば2人座れますが80㎝だとかなり窮屈です。

一般的な自宅で使うようなソファーで2人掛けのものは115㎝前後です。

アウトドア用ソファだとそこまで横幅があるものは、少ないのである程度ゆとりをもって座りたい場合は横幅100㎝ぐらいを目安にソファーを選ぶといいと思います。

座り心地~クッションがあるとGOOD~

キャンプは長く座ることになるので座り心地がよさそうか確認しましょう!

座り心地は下のポイントで確認できます!

・座面の高さ
・座面や背面のクッション性

座面の高さは、一般的に座った時に膝が90度になるくらいの高さが座りやすいといわれています。

足をだらんと前に伸ばした方が座りやすい人は少し低め、動きやすい方が良い人は少し高めなど自分の好みに合わせて調整するのがオススメです!

また、クッション性も座り心地に重要なポイントです!

アウトドア用ソファは生地を固く張っただけの座り心地が固いソファとクッション付の座り心地がやわらかめのソファがあります!

ほとんどのアウトドア用ソファは座り心地が固いソファです。

それぞれにメリットデメリットがあります。

固い座り心地のソファのメリットは体が沈まないので立ったり座ったりがしやすいことや生地が張られているだけなので清掃がしやすいことです!

デメリットは座り心地が固いので長時間座ると疲れやすいことです。

反対に座り心地がやわらかいソファのメリットはリラックスしやすいこととソファ感が出ておしゃれな雰囲気になることです!

デメリットは、クッションの手入れが必要なことです。

自分のキャンプスタイルに合わせて選んでいきましょう!

耐荷重~意外と低いものがあるから気を付けて~

大人二人が座ると結構な荷重がかかりますので耐荷重は必ず確認しましょう。

ソファによってまちまちですが140㎏前後のものが多いです。

よく一緒にキャンプに行くメンバーの体重などを考えて選びましょう!

耐荷重を超えた重量を加えると壊れる可能性があるので必ず問題ない耐荷重のあるソファを選びましょう!

折りたたみサイズ~なるべく小さくが基本~

キャンプ道具はコンパクトにならないと自宅での保管や車への積込みが大変です!

アウトドア用ソファの中には折りたたんでも大きいソファやそもそも折り畳めないソファがあるので必ず折りたたんだサイズを確認しましょう。

自宅や車のスペースが少ない場合はフォールディングソファという折りたためるソファなどがオススメです!

スペースが余りまくってる人は好きなのを選んでください(笑)

デザイン~サイトのイメージを決めてから選ぼう~

最後はデザイン!

やっぱりソファを置くからにはおしゃれにしたいですよね?

自分がキャンプを楽しむためにもデザインはとても大切です!

色や形など自分が好きなデザインのソファを選ぶようにしましょう!

ただここで一点注意!

キャンプサイトをおしゃれにするために、キャンプサイト全体のバランスが大切です!

ソファ単体のおしゃれさだけでなく自分が持っているキャンプ道具とのバランスや自分がイメージするキャンプサイトに合ったソファを選びましょう!

以上がアウトドア用ソファを選ぶポイントになります。

このポイントを基準に自分の欲しいソファをイメージしてみてください。

それでは早速アウトドア用ソファのオススメ10選をご紹介したいと思います。

キャンプで使ったときのイメージがしやすいように参考レイアウトもつけていますので確認してみてください。

アウトドア用ソファのオススメ10選

アウトプットライフ フォールディングソファ

サイズ:115× 61× 73cm
収納サイズ:115× 8× 69cm
重量:6kg
耐荷重:140㎏

他のソファーに比べて横幅が広いのでゆったりと座ることができるのがうれしい設計。

どんなサイトにも合うシンプルなデザインで使いやすいさ抜群!

持ち運びしやすいように背面の真ん中あたりが持ち手になっているのも高ポイントです。

~参考レイアウト~

DOD(ディーオーディー) グッドラックソファ

使用時:115×38×42㎝
収納時:60×12×24㎝
重量:5.5㎏
耐荷重:160㎏

取り外しできるクッションカバー付で季節によって使い分けられるのがうれしいソファ。

クッションカバーは丸洗いできるので汚れても安心!

さらに背面の生地を取外すことで棚として利用ができるのでキャンプの時は車の積み込みを助けてくれるし使わないときは車の荷台の棚として活躍してくれます。

かっこいいデザインで室内で使ってもいいですね!

【追記2020年8月23日 商品レビュー記事を書きました!参考にしてみてください!】

~参考レイアウト~

コールマン リラックスフォールディングベンチ

使用時サイズ:約108×58×67Hcm
収納時サイズ:約108×10×60Hcm
重量:約 3.8kg
耐荷重:160㎏

「アメリカの大自然ヨセミテ」をイメージしたアウトドアにぴったりのソファです!

サバイバル感を出すレイアウトには間違いなく合いますね。

軽量かつ持ち運び用ハンドルもついていて持ち運びがしやすい作りになっているのが高ポイントです。

~参考レイアウト~

ロゴス LOGOS Tradcanvas アッセムチェアfor2

サイズ : 112×59×72cm
収納サイズ : 112×13×62cm
重量 : 5kg
耐荷重 : 160kg

カーキの自然感溢れるかっこいいソファ!

専用のカバーをつけることでクッション性と保温性が高まり冬でも快適に過ごすことができます。

専用カバーを付けたらほぼ自宅にあるソファと変わらなそうですね。

~参考レイアウト~

キャプテンスタッグ ベンチ カモフラージュ

サイズ:(約)104×56×66.5㎝
収納サイズ:(約)104×64×8.5㎝
製品重量:(約)3.7kg
耐荷重:140kg

おしゃれなカモフラージュ柄がアクセントになりキャンプサイトのおしゃれ感がグッと上がることも間違いなしです。

フォールディングタイプで軽量なので持ち運びもしやすいのがうれしいですね。

~参考レイアウト~

Hilander アルミフォールディングベンチ

サイズ:約100×61×71cm
収納サイズ:約100×6×67cm
重量:約4.3kg
耐荷重:120kg

木目調のフレームと明るいベージュのシートでアウトドアで映えること間違いなし!

テーブルなども同じ雰囲気にそろえると品のあるさわやかなサイトにできると思います!

~参考レイアウト~

ニュートピア フォールディングベンチ

サイズ:約104×63×73cm
収納サイズ:約104×81×10cm
重量:約9.4kg
耐荷重:160kg

シンプルなフレームに本物さながらのラタンを編み込んだ高級感のあるベンチ

これほど南国感のでるベンチはないのではないでしょうか?

他のキャンプ道具も南国感っぽくできればグランピング感のあるおしゃれサイトにできるかも!

~参考レイアウト~

クイックキャンプ ローチェア

サイズ:約103×58×67cm
収納サイズ:約103×9×63cm
重量:約4.6kg
耐荷重:160kg

背もたれと座面にクッションが入っており長時間でも快適に座ることができます!

また、シンプルなデザイン4色から選べるので自分の持っているギアに合った自分好みのソファを選ぶことができます!

~参考レイアウト~

50/50 WORKSHOP OUTDOOR FOLDING BENCH

サイズ:62×109×72cm
収納サイズ:9×109×75cm
重量:約5.5kg
耐荷重:130kg

背もたれのロゴが目をひく可愛いソファ!

ひじ掛けにはドリンクホルダーがついていて飲み物片手にくつろぎやすい作りになっています。

海を感じさせるデザインでリゾート感を出したい方にぴったりのソファです。

~参考レイアウト~

スノーピーク ラックソット マルチスターターセット

サイズ:
ベースユニット/750×500×60(h)mm(収納時/一個あたり)
背もたれ/600×250×35(h)mm(収納時/ 一個あたり)
クッション/500×750×70(h)mm(一個あたり)
重量:
ベースユニット/2.5kg×3
背もたれ/1kg×2
クッション/1kg×4(総重量:14.5kg)
耐荷重:130㎏(ベースユニット1個あたり)

最後は大定番のスノーピーク!

このソファはおしゃれなだけでなく土台のベースユニットという部分を操作するとコットやベッドになり、切り離すとチェアとして使えます!

さらにベースユニットを取外すととして利用できたりとこれでもかという多機能ぶり!

座り心地もとてもいいので外でもまるで家にいるかのうようにくつろげます!

~参考レイアウト~

まとめ

やっぱりたくさん良いソファがあって悩みますね。

前半のアウトドア用ソファを選ぶポイントを参考に自分にあったソファを見つけてください。

ちなみにわたしはこの中から一つ購入しましたので届きましたら
紹介させていただきます!

みなさんも自分のお気に入りのアウトドア用ソファを見つけて
アウトドアライフを楽しみましょう!

コメント