【小田急線沿いキャンプ場】滝沢園キャンプ場が落ち着いてて最高すぎた!

キャンプ
DSC_0154

こんにちわ、ないちぇんです。

先日ソロキャンパーに人気の滝沢園キャンプ場に行ってきました!

実家から近いこともあって逆に今まで行っていなかったのですが、初めて滝沢園キャンプ場に行ってみたら最高すぎたのでご紹介したいと思います!

滝沢園キャンプ場とは?

滝沢園キャンプ場は神奈川県秦野市にあるキャンプ芸人のヒロシさんが来たりとYoutube等でもよく紹介されている人気のキャンプ場です。
車で20分圏内に駅や市街があるのに自然豊かな秦野戸川公園や表丹沢山登山の拠点にもできるような環境にあるアクセスよし雰囲気良しのキャンプ場です。

基本情報

住所山梨県北杜市武川町柳町3506-1
アクセス電車・バス:

車:中央道須玉ICから約25分
サイト林間オートサイト5,500円

芝オートサイト5,500円
駐車場1台までサイト横付け可能、2台目から駐車場
HPhttp://www.kaidouraku.net/
ゴミ基本持ち帰り、ゴミ袋を購入すれば捨てられます。
売店薪(750円)や飲み物などが購入可能
※薪は外にあり受付終了後でも購入できます。
お風呂24時間使えるシャワールームあり2.5分300円
その他バーベキュー場、自動販売機(お酒・ジュース)、
水洗トイレ、洗濯機(1回300円)、乾燥機(1回300円)、
魚のつかみ取り等
注意点・花火は20時まで※打ち上げ花火は禁止
・受付や販売コーナーは17時までなので必要なものがある時は
早めに買いましょう。

詳しくはこの後説明していきます。
それでは滝沢園キャンプ場

いざ滝沢園キャンプ場へ!

緊急事態宣言中はキャンプに行けなかったので久しぶりのソロキャンプ!
さすがに緊急事態宣言解除直後ということで自宅がある神奈川県内で探しました。
そこで今回は以前から気になっていたものの実家が近くてなぜか避けていた『滝沢園キャンプ場』に行くことにしました!

本当は徒歩で行くはずだったのですが、荷物を取りに実家に帰ったところ当日の天気予報が雨+車が使えるということで誘惑に負けて車で行きました。

それでは早速行きたいと思います!

8:00

バックパックに荷物を詰めて、相棒のウクレレを忘れずに持って出発します!
滝沢園キャンプ場は追加で300円払うと9時30分からデイキャンプを利用できるので予約不可のフリーサイトということもあり入れないのが心配なので朝一から行くことにします。


9:00

徒歩で来るときのことも考えて最寄り駅の渋沢駅前を散策がてら、改札前にあるスーパー『小田急OX』
元々小田急線沿いに住んでいたので小田急OXは何回か使ったことはありますが、全体的に金額は高いです。
それでも最低限の食品や飲み物はそろいます。
お肉は種類が多くなかったのでもしバーベキューをやったりするならお肉は買ってきた方がいいかもしれないです。

9:30

食料と飲み物を買っていざ滝沢園キャンプ場へ!
車だと渋沢駅前から15分ほどでつきます。
バスで行く場合は渋沢駅北口の大倉行のバスに乗ってください。

10:00

秦野戸川公園の横を通りながら向っているとこんな看板が出てくるので看板の通りに進むと何台か待機している車が!?

「まさかフリーサイトが結構いっぱいになってる!?」

そんなことはなくキャンプ場の坂の上の第二駐車場に誘導されました。
チェックアウトの時間と被ったのとコロナウィルスの対策として住所等の情報を記入して受付へ案内されました。
第二駐車場からキャンプ場に下りていく坂が急なので徒歩で行く場合は頑張りましょう。
車でも車高を下げてたりするとたぶん底を擦るので気を付けてください。

10:30

無事受付を終えたところ、追加で300円払うとチェックアウトを延長できるとのこと。
今回はやめておきましたがゆっくりしたいときはありがたいですね。
あと管理人さんから
「朝はカラスがいるのとヤマビルがもう出ているから気を付けてー」
と忠告をいただきました。

11:00

まずは設営しようということでフリーサイトまで歩きます。
途中こんな階段や木の橋を越えた先がフリーサイトです。
フリーサイトまでの道のりがそんな感じなので荷物が多い人とかカートなんかはあっても使いづらいかもしれないです。

駐車場からフリーサイトまでの距離は1分しないぐらいですかね。
途中に階段や橋がありますがそこまで距離は感じないです。
とりあえず今回のキャンプ地を探しましょう。
フリーサイトは上が開けてる場所と林間サイトまではいかないけど木が茂っている個所があります。
全体的に多少傾斜はありますが、比較的にどこに設営しても過ごしやすそうです。

下の写真が上が開けた川がすぐ近くにあるエリアです。

下の写真の奥の辺りが木で比較的生い茂っているしっぽり楽しむタイプのエリアです。人がけっこういて写真が近くでとれなかったのでちょっと遠めから。

その中でわたしが選んだのはこちら!!

「本日はここをキャンプ地とする!」

夜に雨が降るということだったので木の下で川の近くで周りが比較的見えづらく一人を楽しめる場所を確保しました。

ちょうど前の人が作ったかまどもあったので本日はここでソロキャンプを楽しみたいと思います。

12:00

すぐビールを飲みたいところですが、飲むと動きたくなくなるのでそうなる前にキャンプ場内を散策しながらご紹介していきたいと思います。

キャンプ場環境

まずはわたしのサイトから見えるいるフリーサイトの目の前には水無川という川があります。
名前は水無川ですが水はあります。ただ名前に似て水の量が少ないので川の近くで遊んだりくつろいだりするのはしやすそうです。
私が行った時も子供たちがカニを取ったりと楽しそうにしていました。
ただ大きめの石がごろごろしていたり段差があったりするので気を付けて遊ぶ必要はありそうです。

滝沢園キャンプ場は直火がOKで落ちている木は自由に拾って焚火に利用できます。
ただ、みんな薪を買わないで落ちている木で焚火を楽しもうとしているので乾いている木の数はそんなに多くないです。
拾った木で焚火を楽しみたい場合は着いたらすぐにある程度の量の木を拾っておいた方がいいです。
わたしは夕方前に拾い始めたためあまり拾えませんでした。
でも太い木は落ちていないので焚火を長く楽しむなら薪を買っておいた方がいいと思います。

DSC_0154

売店

まずは売店を確認しましょう。
次回は徒歩ソロキャンプになるので置いているか重要なのが、薪・水・お酒ですが、しっかりそろっていました。
他にも調味料、お菓子、シャンプー、ガスボンベ、着火剤などが置いてあるのでちょっとしたものが必要になっても何とかなりそうですね。
金額はキャンプ場価格なので少し高めですが、キャンプ場としては平均的な価格帯だと思います。

ゴミ捨て場

お次はごみ捨て場を確認しましょう。
ホームページを見ると一部のごみしか捨てられないような記載があったので少し心配です。
と思っていたらほとんどすべて捨てられますね。
しかもゴミ袋などを購入する必要がなく無料で捨てられるようなのでキャンパーにとってはうれしいですね。

シャワールーム

お次はシャワールームです。
仮説っぽかったので心配してたのですが、すごくきれいです!
3分200円で使えるとのことです。
夜にこのシャワールームでピンチに陥ることをまだこの時は知りませんでした…

トイレ

次は大事なトイレです。
写真だと切れちゃってるんですが小便器が3つ個室が2つあります。
個室の方は洋式、和式で1つずつありました。
個室はちょっと狭めなので洋室の方は座ると膝が扉に当たります。
ただトイレはしっかり清掃されてきれいでした。
夜も利用しましたが、虫がそんなにいることもなく使いやすかったです。

洗い場

次は洗い場ですが、この場所だけで計10か所の洗い場があります。
他にもコテージの方にもあるので比較的洗い場の数は多いかなという印象です。
ただ、お湯は出ないのと洗った後の食器などを置く場所が狭いのでそこはマイナスポイントかなと思いました。

DSC_0145

このほかにも飲み物やお酒の自販機があったり、品数は全然ないですが遊び道具等が売っている売店などがあります。

13:00

散策も終わったのでビールを飲んで自由に楽しんでいきたいと思います。
今回の暇つぶしアイテムはこんな感じです!
写真撮ったと思ったんですが、撮れていませんでした…

『キャンプ場の風景を描く、ウクレレ、読書(三国志)

とりあえず自由にまったりとしていきたいと思います。

16:00

キャンプでもしっかり料理をするタイプなのでこのぐらいからいつも夜ごはんを作り始めます。
完成した夜ごはんは左上から時計まわりにこんなメニューです!

『キノコとミニトマトのアヒージョ、鶏肉の燻製ソテー、燻製チーズ、燻製ナッツ、夏野菜のグリルマリネ』

DSC_0168

今回は燻製がしたくて100均の道具だけで燻製をしました。
100均の道具だけでやる燻製のやり方や他の料理などの作り方も別の記事でご紹介したいと思います。

そして右の方にちらっと見えていますが本日のワインはこちら!
武蔵小杉の駅中にあるワインショップのヴェノスやまざきで店員さんにオススメされたアメリカのメルロー!
まろやかな甘みと心地よい果実感で燻製やグリルマリネに合う味わいだったのでするする飲んでしまいました(笑)

18:00

そろそろキャンプで必須の焚火時間!!
あらかじめ少し拾っておいた木と買っておいた薪を使って直火で楽しみました。
やっぱり直火だとなんだか写真が映えますね!
ちなみに滝沢園キャンプ場内で購入できる薪は細い薪が多かったので薪を割ったりしなくて使えそうな細さだったのでナイフを持っていない人でも安心して焚火を楽しめると思います!
写真の薪はわたしが割っているので購入後より細くなっています。

20:00

おなか一杯になりそろそろシャワーを浴びようと思いシャワールームでシャワーを浴びたんですが、

まさかの途中でシャワーが止まるというハプニング!

しかも体を流すタイミングでシャワーが止まりました。。
そして財布にもまさかの100円玉が足りない。。
ここは覚悟を決めてズボンだけはいて辺りを警戒しながら泡だらけの上半身裸状態で真横の管理棟で1,000円札を両替してもらい事なきをえました。。
わたしの予想ですが、3分200円のシャワーはシャワーを流している時間で3分ではなく200円を入れてから3分だったのではと思っています。
とりあえずどこのシャワールームを使う時もそうですが必ず100円玉は多めに持っておかないとだめですね(笑)

22:00

シャワーを浴びた後、残りの薪で焚火を楽しんで早めに就寝しました。
管理人さんの朝のカラスに気をつけろという言いつけを守りちゃんとテントの中に食料やごみはすべて退避させました。

翌朝5:30

朝起きて外を見るとカラスが木の上にたくさん!!
管理人さんが言っていたのはこのことだったのか。周りも管理人さんの忠告のおかげかあさられているようなとこはありませんでした。

「ありがとう!管理人さん」

管理人さんへの感謝を胸にまずは朝の支度をして早速朝ごはんに取り掛かりました。

今日の朝ごはんのメニューはこちら!

『ハムと卵とほうれん草のホットサンド、挽きたてコーヒー』

絶対おいしい奴と確信しつつ火が沸くまで時間があるのであたりの枝を拾って軽く焚火を楽しみました。
朝の焚火もいいですよねーしかも直火だし!

DSC_0172

そうこうしている内にお湯が沸いてコーヒーとホットサンドが完成したので焚火を眺めながら朝ごはんを食べます。
実はホットサンドの裏側が焦げてしまっているのはここだけの話…(笑)

DSC_0174
9:00

ずーっとボケーと音楽を聴きながら川を眺めていたらチェックアウトの時間!
名残惜しいですが、キャンプ道具を撤収しゴミが落ちていないか確認して滝沢園キャンプ場を後にしました。
最後も管理人さんが出てきて「ゆっくりできた?」と優しく声をかけてくれました。本当に管理人さんがいい人!

「また来させていただきます!」

まとめ

これが今回初めて滝沢園キャンプ場に行った記録です。
滝沢園キャンプ場ですが、最高でした!なぜ今まで来なかったのか過去の自分を悔やみたいですね。
管理人さんが優しいですし設備もきれいでなにより環境がすごくよかったです。
わたしが行った時だけかもしれないですが、大人ベテランソロキャンパーが多くみなさん静かにマナー良く楽しんでいて落ち着いたとても良い雰囲気でした。

滝沢園キャンプ場はソロキャンパーにはもちろん子供がいる家族でも楽しめるキャンプ場だと思いました。

これからもいろんなキャンプ場に行こうとは思っていますが、滝沢園キャンプ場はまたリピートしたいと思っています。

みなさんも滝沢園キャンプ場に行ってみてはいかがでしょうか?

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょう!

コメント