わたしがピコグリル398より秘密のグリルちゃんをソロキャンプ用の焚火台に選んだ理由!

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

いきなりですが
「ソロキャンプ用の焚火台って何を使ってますか?」

ちなみにわたしはグループキャンプと兼用で『ロゴスtheピラミッドTAKIBI M』を使っていたのですが、いかんせんかさばるのと重量があるのでソロキャンプ用の焚火台を新しく購入しました。

それで今回購入したのが

『秘密のグリルちゃん』!!

正直ピコグリル398と猛烈に悩んだのですが、最終的に秘密のグリルちゃんを購入しました。

そこで今回はなぜわたしがDOD秘密のグリルちゃんを選んだのかについて説明したいと思います。

秘密のグリルちゃんとは?

まずは秘密のグリルちゃんについて説明します。

秘密のグリルちゃんはおしゃれなキャンプ道具を多く出しているDODの人気の焚火台です。

軽量かつ収納時はポケットに入るほど超コンパクトなので徒歩やバイクで移動するソロキャンパーや登山をする人等に人気のある焚火台です。

焚火台としてだけでなく網を設置して調理もできる優れものです。

商品の口コミでも軽量かつコンパクト調理もできてコスパが良いと高い評価を受けているようです。

一方で足元が不安定網が安定しないなどのマイナスの声もありました。

スペック

  • 焚火スペースサイズ:24×24㎝
  • 収納サイズ:30×7×5㎝
  • 重量:590g
  • 材質:ステンレス
  • 価格:5,200円(税込)

ピコグリル398とは?

ピコグリル398はソロキャンパーの中で大人気のスイス生まれの焚火台です。

超軽量かつ収納時に超薄く折りたためる携帯性とシンプルなデザインがかっこよくてソロキャンパーに人気です。

実際にわたしも使ったことがありますが、超薄いにもかかわらず意外と丈夫ですし、薪が簡単に燃えてくれるので焚火をやりやすい印象があります。

口コミでも軽い薄い意外と丈夫これを買っておけば間違いないととても高い評価を受けているようです。

その一方で灰が下に落ちる値段が高すぎるなどのマイナスの声もありました。

スペック

  • 焚火スペース:38.5×26×24.5㎝
  • 収納サイズ:33.5×23.5×1㎝
  • 重量:448g
  • 素材:ステンレス
  • 価格:14,000円(税込)

秘密のグリルちゃんとピコグリル398スペック等まとめ

秘密のグリルちゃんピコグリル398
焚火スペース24×24㎝38.5×26×24.5㎝
収納サイズ30×7×5㎝33.5×23.5×1㎝
重量590g448g
材質ステンレスステンレス
価格5,200円(税込)14,000円(税込)

DOD秘密のグリルちゃんを選んだ理由

選んだ理由①持ち運びがしやすい

正直どっちもソロキャンプだと持ち運びがしやすいのですが、ポケットに入る収納性を考えると秘密のグリルちゃんの方が収納性が高いように感じました!

ピコグリルは薄さ以外は大きさがあるのでA4サイズ以上のカバンが必要になります。

それに対して秘密のグリルちゃんの方は縦横奥行のすべてがコンパクトでポケットにも入るので最悪カバンを持っていかなくても大丈夫です。

ラフにデイキャンプや河原で焚火をしに行くときにショルダーバッグと小さいクーラーバッグで行くことがあるのでポケットに入れられるのはかなり助かるなと思いました。

選んだ理由②薪を自由に組める

先程のスペック比較だと縦横奥行の全ての長さでピコグリルの方が勝っているのですが、V字型のピコグリルは薪を横に並べて置くようになります。

それに対して秘密のグリルちゃんは24×24㎝でピコグリル398に比べてコンパクトですが、薪を置く網が比較的平らなので三角や四角など薪を自由に組むことができます

焚火は自由にやりたい主義なのでいろいろな組み方ができることで焚火をより楽しめる作りに感じました。

秘密のグリルちゃんの場合

ピコグリルの場合

選んだ理由③コスパが良い

ピコグリル398ももちろんコスパがいいのですが、倍以上の金額差があるのはでかいかなと思いました。

倍違ったら「キャンプ道具もう一つ買える!」と思ってしまいました。

正直5,000円前後の価格でこれだけコンパクトで楽しみ方がいろいろある焚火台はわたしが調べた限りでは他にないです。

まとめ

今回はわたしがピコグリル398ではなく秘密のグリルちゃんを選んだ理由を紹介しました。

まさに自分にとってベストの選択ができたと今のところ思っています。

もう少しで手元に届くので実際にソロキャンプで使った感想についてはまた別の記事でお伝えしたいと思います。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント