グランドシートが必要な4つの理由!代用できないの?

テントキャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

先日『テントの相棒「グランドシート」の選び方とオススメのグランドシート5選!』でグランドシートの選び方とオススメのグランドシートを紹介しましたが、

今回はグランドシートの必要性についてお話ししたいと思います。

この記事を読むと

グランドシートが必要な理由は?
なにかで代用できるの?

という疑問が解決できます!

それでは行きましょう!

グランドシートが必要な4つの理由

テントを傷や汚れから守ってくれる

グランドシートをテントの下に敷くとテントが直接地面に接しないのでテントの床面が地面にある石で傷がつくことや土などで汚れることを防いでくれます!

テントに傷がつくと耐久力が著しく低下します!

少しの傷なら修理で済みますが、大きな傷の場合にはテントを買い替えないといけないということもありえます!

また、テントが汚してしまうと大きいテントは手軽に洗えないのでメンテナンスが大変になってしまします。

テントへの浸水を防ぐ

グランドシートは地面にたまった水がテントに触れないように防いでくれるのでテントが浸水しづらくなります!

テントだけでもある程度までは浸水を防いでくれるのですが、床面は荷物や体重などで強い圧がかかるのでテントだけで防ぎきれる水の限界は想像以上に低いです!

雨キャンプでテントの中が大変なことにならないように

テント内が快適になる

グランドシートは地面からの湿気や熱からもテントを守ってくれます!

地面からの湿気や熱なんて大したことないでしょと思うかもしれませんが、想像以上にすごいです!

グランドシートは特に地面からの湿気を防いでくれます!

地面からの熱や底冷えに関してはグランドシート単体だとそこまで効果は高くないので、テントの中に敷くインナーマットなどを合わせて使うことで効果を高めていきましょう!

設営・撤収時の荷物置き場にできる

グランドシートは設営や撤収時の荷物置き場としても使うことができます!

設営や撤収時にブルーシートを持っていって荷物置き場にする人も多いですが、グランドシートがあればグランドシート一枚でOKなので荷物が少なくて済みます!

お座敷スタイルの時にラグの下に敷くこともできるのでいろいろな使い道があります!

ブルーシートでも代用するのも有

ここまでの解説でグランドシートの必要性は理解していただけたかと思います。

ただそれでも「グランドシートを買うぐらいなら他のキャンプ道具を買いたい!」という場合はブルーシートで代用することもできます!

ちゃんとしたグランドシートよりは性能は落ちますが、テントを傷や汚れ、水などからテントを守るには充分です。

ブルーシートを選ぶときはなんでもいいわけじゃなく必ず厚さとサイズを確認しましょう!

厚さは#3000サイズはテントの床面より少し小さいぐらいのブルーシートを選びましょう!

サイズがどうしても合わないときははさみで切ってサイズを調整のもOKです!
ただ、100均などの安いものだとほつれることがあるので切る時は自己責任でお願いします。

まとめ

今回はグランドシートが必要な4つの理由と代用方法をご紹介しました。

地味な道具ですが、テントを守るためにとても大切な道具です。

しっかりそろえてお気に入りのテントを長く大切に使っていきましょう!

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょう!

コメント