キャンプサイトの種類って何があるの?

キャンプ

こんにちわ、キャンプ大好きブロガーのないちぇんです。

いろんな種類があるキャンプサイト!

正直こんな風に思っていませんか?

「たくさん種類があってわからない!!」

そんなあなたの為に今回はキャンプサイトの種類と書くキャンプサイトの特徴を解説していきます!

この記事を読んでキャンプ場探しの参考にしてみてください。

この記事を読むとわかること

・キャンプサイトの種類

・各キャンプサイトの特徴

・各キャンプサイトがオススメの人

それでは行きましょう!

キャンプサイトの種類

区画サイト

区画サイトはテントなどの設営スペースが決められているキャンプサイトです。

隣との境界線が決まっているので決められた区画内で周りを気にせずテントなどの設営ができたり、区画サイトは地面などが整備されていることが多いので設営がしやすいです。

予約ができることが多いので行きは時間を気にせずにのんびりキャンプ場に向かうことができます

その一方でこの後説明するフリーサイトに比べて値段が高いことや、スペースが決められているので自分が設営したい場所があっても選べないデメリットがあります。

区画サイトは、キャンプ初心者やきれいにキャンプ道具をレイアウトするキャンプを楽しみたい人にオススメです!

フリーサイト

フリーサイトは区画サイトとは逆で設営スペースが決められていないキャンプサイトです。

自分の好きなところに設営することができることや値段が安い等のメリットがあります。

反対に良い場所は早い者勝ちなので良い設営スペースを確保する場合は朝早くにキャンプ場に行く必要があります。

また、地面などが整備されていないことが多いのでテントの設営場所などをしっかり判断するスキルが必要になります。

フリーサイトは、とにかく安くキャンプを楽しみたい人にオススメです!

オートサイト

オートサイトはキャンプサイトの横に車やバイクを停めることができるキャンプサイトのことです。

区画サイトやフリーサイトに付け加えて呼ばれることが多いです。
車を横付けできるので荷物の積み下ろしなどがしやすいメリットがあります。

デメリットは車がテントの近くにあるので車が景色や雰囲気を邪魔してしまうことです。

オートサイトは、子供がいる家族や荷物が多い人にオススメです!

グランピング

グランピングは華やかという意味の「Glamorous」と「Camping」を合わせた造語でここ数年で流行りだしたテントに泊まるホテルのような宿泊施設です。

テントなどの全ての設備などが用意されているので設営や撤収などが不要で手軽にキャンプ気分を楽しむことができます。

グランピングはテント以外にもトレーラーハウス、キャンピングカー、コテージタイプ等いろいろな種類があります。

ただ、グランピングはキャンプというよりホテルに近いので宿泊費が高いことが多いです。

また、宿泊可能人数が多くても4人までのところが多いので大人数で楽しもうと思うと場所が選びずらいデメリットがあります。

グランピングは、テントに泊まるのは嫌だけどキャンプ気分だけは味わいたい欲張りさんにオススメです!

バンガロー

バンガローは室内に設備がない建物のことをいいます。

設備がないといっても照明やコンセントぐらいはあるところが多いです。

中にはコンセントやエアコンなどが付いていたり、本当に設備が何もなかったりとキャンプ場によって全然違うのでしっかり確認して予約するようにしましょう。

バンガローは、テントに泊まるのに抵抗はあるけどアウトドア感を楽しみたい方にオススメです!

ロッジ

ロッジは丸太で作られた山小屋のことです。

一般的にはバンガローにトイレやシャワーなどの水回り設備をプラスしたような建物を指すことが多いです。

ただ、バンガローと同じくロッジもキャンプ場によって設備などが全く違うので予約する時はしっかり確認しましょう!

ロッジは、バンガローと同じくテントに泊まるのに抵抗はあるけどアウトドア感を楽しみたい方にオススメです!

コテージ

バンガローとは違ってキッチンやお風呂などの設備がある貸別荘に近い建物のことをいいます。

コテージはキッチンやお風呂だけでなく、エアコンや布団などもあることが多いです。

また、調理器具などの備品も置いていることが多いのでキャンプ道具を一切持っていかなくても楽しむことができます。

ただ、バンガローやロッジなどより設備がしっかりしている分、宿泊費が高額なことが多いです。

夏や冬など気温的にテント泊は難しいけどアウトドア感を楽しみたい時にオススメです!

キャンプサイト特徴まとめ

最後に各キャンプサイトの特徴をまとめました。

メリットデメリット金額順位
区画サイト区画が決まっている
サイトがきれいなことが多い
設営場所を選べない
フリーサイト安い
設営場所を自由に選べる
整備されてないことが多い
予約ができない
オートサイト区画が決まっている
サイトがきれいなことが多い
車をキャンプサイトに横付けできる
設営場所を選べない
グランピングおしゃれキャンプを楽しめる
手ぶらでも行ける
金額が高い
人数に制限がある
バンガロー少し手軽少人数だと金額が高い
道具を少し持参する必要あり
ロッジ手軽少人数だと金額が高い
像具を少し持参する必要あり
コテージすごい手軽
設備が整っている
季節に関係なく楽しみやすい
少人数だと金額が高い
アウトドア感が低い

今回はキャンプサイトの種類と特徴を解説していきました。

たくさんあるキャンプサイトですが、各サイトの特徴を知って自分の目的にあったキャンプサイトを選べるようにしましょう!

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょう!

コメント