自宅兼用キャンプ道具をキャンプで使った感想!注意点を紹介!

キャンプ

こんにちわ、ないちぇんです。

先日のキャンプで自宅兼用に購入したキャンプ道具をキャンプで初めて使いました。

この記事では自宅兼用のキャンプ道具を使った感想と注意点などを紹介していきます。

それではいきましょう。

今回使った自宅兼用キャンプ道具

まずは今回使った自宅兼用キャンプ道具を紹介します。

DOD グッドラックソファ

FIELDOOR ウッドロールテーブル

今回はこの2つの自宅兼用に使っているキャンプ道具をキャンプで使いました。
どちらも自宅でもキャンプでも使うことを想定して設営・撤収がしやすくおしゃれなものを選びました。

なかなかキャンプで使えず自宅専用になりかけていたのでやっと使うことができてうれしいです(笑)

続いて自宅兼用キャンプ道具を使ったキャンプ場と天気などの環境を説明します。

利用したキャンプ場と環境

今回自宅兼用キャンプ道具を使ったキャンプ場は先日別の記事でご紹介した『ウェルキャンプ西丹沢』です。

当日の環境ですが、砂利質の土サイトで天気がまさかの強めの雨(汗)
初の自宅兼用キャンプ道具を使うのに……
テーブルの素材が木ということもあり、あまりよろしくない環境でした。
自宅兼用キャンプ道具の問題点を検証するのにはある意味良い環境でした。

自宅兼用キャンプ道具を使った感想

テーブルの上に物が多いと大変

自宅で使っているときにテーブルの上に物をたくさん置いていると積み込むときに大変です。
わたしはテーブルの上に物をたくさん置いていたので物を移動させるのが大変でした。
自宅兼用で使うならテーブルの上の物は少なくするかボックスにまとめて簡単にどかせるようにするのがオススメです。

リラックスできる

普段自宅で使っていて使い慣れるのでキャンプだけで使うキャンプ道具よりリラックスすることができました!

特にソファーは普段から座っていることで座り慣れることができて長時間座っていても疲れることなくリラックスできました。

焚火臭がする

キャンプで焚火をするとキャンプ道具に焚火臭がうつり自宅に持って帰っても焚火臭が若干しました。

ウッドロールテーブルはそこまで焚火臭はしませんでした。
天板や脚を拭き掃除したら焚火臭はほとんどしなくなりました。

ただグッドラックソファーは布なので焚火臭が移りやすく強く焚火臭がしました。
ただ、焚火臭がするのは取り外しできるクッションカバーからクッションカバー以外はそこまで焚火臭はしませんでした

自宅兼用のキャンプ道具をキャンプで使う時はカバーをかけると焚火臭や汚れをかなり防げるように感じました。
もし、焚火臭がする場合はしっかり洗剤で洗ったり消臭スプレーなどを使って焚火臭を消しましょう。

帰宅後の清掃が大変

自宅兼用にキャンプ道具を使っていると帰宅後は必ず清掃が必要になります。

この清掃がなかなか大変でした!特にロールウッドテーブルは天板の隙間を一つ一つ清掃するのがものすごい大変でした。

また、自宅で使うためには洗った後に拭いて水を取り切らないといけないので清掃時間も思ったよりもかかります。

乾くまで自宅で使えない

清掃する時に水などを使って洗うと乾かさないと自宅で使えないです。

木や鉄でできている部分に関しては拭けば問題ないのですが、布の部分などは乾かさないと使えないので一時的に家の中でソファー等がない状態になる場合があります。

これを防ぐためには焚火臭のところでもオススメしましたが、カバーをつけるのがオススメです!

まとめ

今回は自宅兼用キャンプ道具を実際に使った感想などを紹介していきました。

自宅兼用のキャンプ道具はキャンプ場でリラックスしやすい反面、自宅兼用で使うのに使用後のメンテナンスが必要になるのが手間でした。

いかに汚れないように使ってメンテナンスを楽にするかを考えて使うようにしましょう。
ただ、毎回メンテナンスする必要があるのでキャンプ道具を常にきれいな状態にできるのはメンテナンスをさぼりがちのわたしにはある意味自宅兼用の良いところなのかなとも感じました。

自宅兼用キャンプ道具をキャンプで使う予定があるなら、この記事を参考に事前対策をしっかりやってキャンプに臨みましょう。

また、これから自宅兼用キャンプ道具を買うならメンテナンスのしやすさも考えてキャンプ道具を選ぶことをオススメします!

それでは楽しいキャンプライフを過ごしていきましょう!

コメント